FC2ブログ

傾向と、対策のための作業

例によってあんなコトやこんなコトでバタバタとしているワケですが、とりあえずこれだけ用意できました。

kl-IMG_7039.jpg

ご覧の通り1個だけ完成していませんが…(汗


実は前回アップした材料と数が合いませんが、製作途中4本ほど材料不備で割れてしまったので後から数本追加しました。


久しぶりの手作業を楽しいものの、追われる仕事はなかなかに気を使いますね。
スポンサーサイト



傾向なのか?

何故か毎年、季候が暑くなってくると篳篥のリード作りを頼まれます。


そしてそれは今年も例外ではなかったようです。


周囲からいただくリクエストに対して、年々お応えできなくなってきたことから、遂に昨年「休業宣言」を出したワケですが、時あたかも「コロナ以後」環境な昨今、昨年の今頃と比べればかなりのスケジュール的な余裕があったりします。


…とゆーことで、今年は自事務所的にも上級事務所的にも年末にスペシャルイベントを抱えているので、重い腰を上げてみる事にしました。
kl-IMG_6903.jpg

まぁ、イベント当日はワタシ自身は演奏できない立場にあるワケなんですが、それも含めて「関係者のレベルアップ(とゆー名の教導)」と「ハード面でのバックアップ」は責任上果たさなければならないのです。


そんなこんなで、半年ぶりくらいに作業用の刀(トウ、小刀ですな)を研ぎ直しましたw

「久しぶり過ぎてちゃんとできるものか?」とちょっとだけ心配しましたが、手が覚えていてくれたお蔭でキレイに研ぎ上げるコトができましたww



…とはいえ、最近良い材料が手に入りにくくなっているので(材料の良し悪しだけは「技術」で埋めるコトができませんからね)、果たして何本モノになってくれるのやら(汗

世の中は広いようで狭い

年が明けてからというものの、おかげさまで雅楽の演奏機会がちょいちょいあります。

最近は何故かあちこちで、面子の関係で、篳篥ではなく琵琶へまわされる事が多くなりました。

管が吹けないのは少し寂しい気もしますが、そのぶん琵琶の練習になりますから、自分としては楽しんで触れるようにしていますが。



話は変わって。

先日、あることがきっかけで、それまで顔を出したことのない団体の練習会へ参加することになりました。


そこで知ったのは、なんとワタシの父親と、先方の代表さんが旧知の仲だったということ。

更に驚いたのは、向こう団体のメンバーの中に、つい最近までウチの目の前に住んでいた方がおられたということでした。

その方曰く「そういえば引っ越す前、自宅周辺で篳篥の音が聞こえることが度々あって、『こんなところで誰が吹いているんだろう?』と、いつも疑問に思っていました」とのこと。



スミマセン、それワタシです(汗



それら一連の会話を聞いておられた周りの方々が、ボソボソっと「狭っ」「世の中狭ッ」と言っているのが聞こえました。


ホント、そーですねー(汗

今月は恒例の

ウチのオバさんの関係で、今年も神社のお祭りへ雅楽を吹きに行ってきました。
sr-IMG_3355.jpg

今年は、祭典日の前日に台風15号が関東を直撃してくれましたので、当日の朝は境内がエライことになっていました。

とりあえず祭事そのものは無事済んだのですが、台風一過の暑さが厳しく、いつにない過酷な演奏現場となりました(大汗


とは言え、今年も出来てヨカッタ。

懐かしみ

このブログも、とうとう月に数度の生存報告と化していますね(汗

先日、知人と飲みに行く機会があったのですが、そこで懐かしい曲がかかっていました。


それからというもの、学生時代によく聴いていた曲がヘビロテになって現在に至ります。


ちなみに、こちらは元ネタというか、上の動画がセルフカバーだったりするのですが。



あと本人つながりでコレとか好きでしたね。



そういえば、ちょっと違うトコロで言えばこのへんも好きでした。



また、毛色の違うトコだと、これは今でも「時代が早すぎた」と思ってます。



いや~しかし、このへんホントよく聴いてたなぁwww

ワタクシ直撃世代補正がかかってはいるんでしょうけれども、しかし佳き哉


んじゃ、最後はコレで。


檄シブッww