FC2ブログ

世の中は広いようで狭い

年が明けてからというものの、おかげさまで雅楽の演奏機会がちょいちょいあります。

最近は何故かあちこちで、面子の関係で、篳篥ではなく琵琶へまわされる事が多くなりました。

管が吹けないのは少し寂しい気もしますが、そのぶん琵琶の練習になりますから、自分としては楽しんで触れるようにしていますが。



話は変わって。

先日、あることがきっかけで、それまで顔を出したことのない団体の練習会へ参加することになりました。


そこで知ったのは、なんとワタシの父親と、先方の代表さんが旧知の仲だったということ。

更に驚いたのは、向こう団体のメンバーの中に、つい最近までウチの目の前に住んでいた方がおられたということでした。

その方曰く「そういえば引っ越す前、自宅周辺で篳篥の音が聞こえることが度々あって、『こんなところで誰が吹いているんだろう?』と、いつも疑問に思っていました」とのこと。



スミマセン、それワタシです(汗



それら一連の会話を聞いておられた周りの方々が、ボソボソっと「狭っ」「世の中狭ッ」と言っているのが聞こえました。


ホント、そーですねー(汗
スポンサーサイト