ミニではない四駆・・・いや、四駆でもないか。

今日は家内と子ども達が所用で留守なので、かねてからの懸案だった

車体塗装をします。


塗装、というか修理するのは、普段は家内が乗っている軽自動車です。


コレは知り合いの整備屋さんから中古で回してもらったものなのですが、

最近錆が浮いてきた箇所が気になっていたのです。


ということで、降って湧いた作業時間ということで、かなり時間が

限られています(汗


しかも、道具はあるものでやるしかないという縛り付き。


果たして結果は・・・?




とりあえず道具確認ということで・・・

メイン使うのはソフト99の車体色のカラースプレー、プラサフ、クリヤーです。
s-IMG_2819.jpg


あと、錆を落とすのに使うは、手持ちに残っていた240番と600番のペーパー。

念のため、仕上げに2000番ペーパー使うかも。



では、セオリー通りに進めて行きたいと思います。



先ず作業箇所を水洗いして、240番ペーパーで錆を荒く落とし、
s-IMG_2811.jpg

その後600番ペーパーで表面を均します。


今回、シリコンオフが無いので、少々乱暴な方法ですが中性洗剤で

塗装箇所を洗い、すぐさまウェスと直射日光で乾燥させます。


その後新聞紙とマスキングテープを使って、塗料が付着して欲しくない

箇所を保護します。
s-IMG_2815.jpg



マスキングが完成したら塗装に入って行きます。



最初にプラサフで下地を作ります。
s-IMG_2816.jpg



続いて、本塗装となるシルバーを吹きます。


金属色の塗料には粒子が含まれていて、コレが結構沈殿しやすいので、

頻繁にスプレー缶を振りながら、厚吹きにならないように塗装していきます。


そして色がちゃんと発色したら、次に車体色の上からクリヤーを吹きます。


塗装工程は、久しぶりのスプレー塗装ということで集中していたせいか、

完全に画像を撮り忘れましたね(汗


ちなみにクリヤー層はちょっと厚くなる様に吹き付けました。




クリヤーが乾いたらマスキングを外し、2000番のペーパー →

コンパウンドの順番で表面を整えていきます。
s-IMG_2817.jpg



という感じで完成したのがコチラです。
s-IMG_2818.jpg



車体ルーフと側面の境目に色の差が出来てしまいましたね(汗

マスキング跡といえばそうなんですが、画像奥のマスキングした箇所と

新規に塗装した部分のシルバーはほぼ同じ発色をしているので、単純に

退色した車体色とスプレー塗料の色差によって出来たものなのかも

しれませんが、いずれにしても久しぶりの作業でだいぶ勘が

掴めてなかったといった感じです。


まー、表面は綺麗に仕上がったので、場所も場所なので気にしなければ

気にならない・・・かな?



そうだとイイな(汗





ということで、久々の作業を堪能しましたww




道具類はありもの勝負での作業となりましたが、後で思い返してみると、

やってることはまるっきりプラモと同じですねww



そんなこんなで、パチ組みでイイから久しぶりにガンプラ作ってみたいな、

とか思った作業でしたw




スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する