可動派なんですw

5月は分会の仲間が関西出張で、その間イロイロと穴埋め(?)やら、自分の

仕事やらが忙しくて、あんまり作り物をしている時間がとれせんでした。


先月末になってやっと時間ができるようになったので、ここぞとばかりに

「以前からやりたかったコト」
をしてみたいと思います。




先ずは「やってみよう」のキッカケになったアイテムの紹介をば。


まずはセ○アのステンレス串
s-IMG_8379.jpg



コレはなんと直径3mmなんです!
s-IMG_8381.jpg


この径のステンレス棒をホームセンターで買う場合、とても100円では

手に入らないことを考えると、素材としてなかなか優秀だと思います。

(本来の用途ではないのが若干問題ですが・・・(汗)



続いて蓋付きガラス容器です。
s-IMG_8380.jpg


この容器、フタがステンレス製なんです。
s-IMG_8382.jpg


激しく何かに使えそうな予感ww

ちなみに、フタの内側にはPP製のパッキン兼ネジ山があります。
s-IMG_8383.jpg





さてさて、この二つで何をしたかったのかと言うと、
ステンレスマグカップのハンドルのフォールディング化です。




早速加工をしていきます。




まずは本体であるステンレスマグのハンドル基部に、新しいハンドルを

取り付ける穴を開け、更に、余分な部分を切り取ります。
s-IMG_8915.jpg



モチロン、触っても怪我しないように断面は処理しておきます。



次にステンレス串を適当に曲げていきます。
s-IMG_8918.jpg


現物合わせなんですが、左右でカタチが崩れないように気をつけます。



続いて、ハンドルに通すシリコンチューブを用意します。
s-IMG_8917.jpg


長さはこれまた適当ですww




で、これらを組合わせたのがコチラです↓
s-IMG_8919.jpg

見ての通り手作り感満載ですが、一応ちゃんと動きますww




ハンドルを展開するとこんな感じ。
s-IMG_8920.jpg



基部の幅が狭いので左右のハンドルをクロスさせるかたちになりますが、

シリコンチューブのおかげでガッチリ固定できます。



また、この状態でちゃんと自立するのも地味に大事なポイントですw




本体がステンレスマグ(大)ですから、当然のコトながらダ○ソーの

フォールディングハンドルステンマグがぴったりスタックできます。
s-IMG_8921.jpg



最後にガラス容器のフタの高さを詰めたものを被せたら完成ですw
s-IMG_8923.jpg


ちなみに、このステンレス蓋ですがマグネットがくっつかないちゃんとした

ステンレスww
なので、取っ手についてはあらためて考えないといけません(汗





そんなこんなでステンレスマグカップ(大)のフォールディング化でしたw




マグをフォールディング化することで、収納性が良くなるだけでなく取っ手を別に

用意する必要がなくなるので、以前からやってみたい加工のひとつでした。



まー、普通にアウトドア製品を買えば済むハナシではありますが・・・(汗




あと、地味にステンレス串の持ち手が残ったので、これもいずれ何かに

生かしたいと思いますw
s-IMG_8922.jpg




さてさて、実戦投入はいつになりますやらww

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する