FC2ブログ

何を思ったか壺型

たまたまウチの空き缶リサイクルゴミの整理をしていましたら、モンスターエナジーの空き缶が出て来ました。


そこでふと思うことがありましたので、ちょこっと試してみたのであります。





早々と展開図ですが、今回はモンスターエナジー缶1本とショート缶1本を使ってアルコールストーブを作成してみます。
sr-IMG_4877.jpg

もう見たまんまなんですが、一応解説しますと、モンスター缶の上下をそのままトップとボトムとして使い、真ん中部分を燃料吸い上げ&インナー固定用ブースターとして使います。

ショート缶は下部分をインナーとして使っています。



組み立て手順としては、インナーにブースターを巻き付けてからボトムに入れて、トップを嵌め込むだけ。
sr-IMG_4878.jpg

今更ですが、あんまり難しくないですね(汗
sr-IMG_4879.jpg




ここまでやったついでに塗装も剥いでみます。
sr-IMG_4880.jpg


そのくせバーナー孔目印として付けたマーキングを落としていないという、なんともお粗末な仕事(汗




ちなみに、普通サイズのCHSと比較してみるとこんな感じです。
sr-IMG_4972.jpg

CHSが全高4.5cmであるのに対して、今回作ったのは3.5cm。


しかも燃料容量は45mlなので、高さだけを抑えることができた感じです。




で、肝心の性能はというと、気温2℃・無風の状態で20秒で本燃焼に入れます。
sr-IMG_4905.jpg


今回はトルネード炎にはしていませんが、バーナー孔は全て内側に向いていますので、クッカーの底面中央に熱を集中させることができます。



性能もそうなんですが、実用面での信頼性を考えると、やっぱりCHSがイイんじゃないかと思うのです。



でも、全高や収納の関係から、手持ちのエスビットもどきには使えないというもどかしさがありました。



ワタシの場合、一度満足する物ができてしまうと、なかなか次には目が向かないコトが多いんですが、コレを見る限り、どうもまだ現状に満足できているワケではなさそうです。



今年もまだまだトライ&エラーですかねw
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する