FC2ブログ

憧れのステンレス製

だいたい、毎年3月というモノは年度末進行で大わらわなんですが、今年はオジィサマ・オバァサマの周年忌を自事務所でやったり、定例地域行事に追われたり、東京~埼玉~群馬への怒濤の出張があったりと、既にイロイロ振り切れてしまっている気がしますw(汗


そんな感じでボチボチやっているのでありますが、先日セ○アでこんなモノを見つけたので「コレは面白そうだ」と思い実行してみたのでした。
sr-IMG_6086.jpg



さて、問題のコレなんですが、見たカンジはフツーのステンレスマグカップ。
sr-IMG_6087.jpg

・・・なんですが、なんといってもサイズが全然違います。



ウチの改造450mlマグと比較してもこのくらい。
sr-IMG_6085.jpg


更にコレ、商品表示では食器ですらないみたいなんですね。
sr-IMG_6089.jpg



でも、このサイズで安価なステンレス製とくれば、
コレでグルーブストーブ作っちゃえば良くね?ww
って思ってしまうのです。






というワケで、まずは取っ手を外します。
sr-IMG_6090.jpg



以前の悪夢はなんとか無事回避できましたがw




ひとつは、側面の真ん中くらいでカットしてアウターとします。
sr-IMG_6150.jpg



もうひとつの、インナーにする方は、底面コーナー部に回転工具で孔を開けます。
sr-IMG_6298.jpg


クリース加工ですが、側面にステンレス定規を当てた状態でハンマーで叩いて凹みを付け、マイナスドライバーで調整しました。




あとは加工したふたつを嵌め合わせて完成です。
sr-IMG_6299.jpg



使用時のサイズ感はこんな様子ですね。
sr-IMG_6300.jpg

それぞれの口径が、改造大マグ > フォールディング小マグ > ステンストーブ > アルコール缶 なので、スタッキングもバッチリですね。




で、早速試運転してみたトコロ、10℃の室内で5秒で本燃焼開始。500mlを沸騰させるのに7分でした。
sr-IMG_6304.jpg

まぁ、こんなトコロじゃないでしょうか?




ということでステンレス製グルーブストーブの製作でした。
sr-IMG_6302.jpg



単純に“頑丈なアルストが出来てウレシイ”ってトコですが、このタイプは五徳を必要としないので、結果的に装備をコンパクト化できそうな感じですね。


スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する