FC2ブログ

モノの価値

ワタシは「作ること」そのものや、「次は、より良いモノを目指す」というコトには一生懸命になれるんですが、出来上がったその後のモノの行方については本当に頓着しないんですよね・・・(汗


つくづく「職人な性格」なんだなーと思います。



というか、思い知らされました。



と言うのも、先日、知り合いが雅楽の篳篥リードを販売店から購入したということで、それを「演奏可能な状態になるよう調整して欲しい」と頼まれました。

そこで現物を預かったのですが、手にしてみた感想は
「この状態のモノでそんな値段がするんだ・・・(汗」
というものでした。

実際に、店頭に並ぶ商品の場合、お店や制作者の儲け分が価格に含まれていますから、卸値は7割くらいに考えた方が良いのだとは思います。

しかし、ワタシが、知人や関係者に頼まれた場合の1本単価からすると、店頭で売っていた商品の中で所謂「演奏に使えるモノ」はその2~2.5倍くらいの値段だったそうです。


でも、それが一般的な販売価格なんですね。



知らなかった(汗



しかもワタシの場合、頼まれればその場で今回の知人の様にメンテナンスまでやっちゃいますからね・・・w



ちなみに、ワタシにリードを預けたその知人も、普段師事している方から「安物を買っても、まともに吹ける物ではないから止めた方がイイ」と注意されたそうです。




もともとワタシは、どちらかというと「儲け」とか「損得」に執着しない方の性格だったのですが、「商売人な性格」ほどではないにしても、ちょっとイロイロ考え直した方が良いのかな?と思わされる今回の出来事でした。


ま-、マルチタスクで仕事が出来るニンゲンではない上に、職人性格のコトもありますから、本気になればなるほど本業に支障が出かねないんですよね(汗


だから商売っ気を出すのも苦手だし、手を広げたい思っても、責任取れなくなりそうで怖かったりするのが本音ですね(汗



でも、現実問題、リードの材料も入手が難しくなってきてるし、自分も以前ほど時間に余裕があるワケではないので、リードの製作依頼については正直、今後1本当たりの値上げも検討中だったりします(汗



こればっかりは、皆様にご理解いただくしかないんですかね(汗

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する