FC2ブログ

近所のトレレポ 第○弾

今回は、以前から攻めてみたかった湯○山へ突撃して参りました。


・・・と言っても、平日だったというコトもあり、本業をサボって行ったのではなく「本業をしてたら近くに山があったので登ってきた」という体で行って参りました。


でも、ちゃーんとイロイロ準備して行ってきましので、それも含めてレポの始まりですww






イロイロ調べてみますと、この○村山、登山ルートがいくつかあるらしいのですが、今回は麓にある緑○丘スポーツ公園側から進入することにしました。
sr-IMG_8411.jpg


入口にある案内板です。
sr-IMG_8414.jpg

近々トレランのイベントがあるみたいですね。
sr-IMG_8413.jpg


この登山道は、かなり上の方まで舗装されているので、専用の靴とかじゃなくても結構上れてしまいます。
sr-IMG_8415.jpg


途中、何カ所か休憩用のベンチもあったりして、体力に不安のある方にも安心です。
sr-IMG_8420.jpg

しかし、やはり山の中なので、こんな警告もあちこちにありました。
sr-IMG_8416.jpg


入口から10分ほど上った場所にトイレ発見。
sr-IMG_8429.jpg

こーゆうのは地味に有難いですねw


かつては烽火台があったり城跡だったりということらしく、石垣みたいなものもありました。
sr-IMG_8418.jpg

sr-IMG_8428.jpg


そして烽火台跡に到着。
sr-IMG_8442.jpg

sr-IMG_8462.jpg


画像の場所から左(南側)に行くと東屋があり、右(北側)へ行くと以前紹介した千○田湖方面へ行くことができます。
sr-IMG_8440.jpg

ちなみに、舗装道路はここで終了です。




とりあえず左方向、東屋の方へ行ってみます。
sr-IMG_8444.jpg



途中、道が二手に分かれますが、目的の東屋がここからちょうど反対側に位置するので、どちらに進んでも周回して戻って来ることができます。
sr-IMG_8445.jpg


そして東屋到着。
sr-IMG_8447.jpg

中にはこんなものもありました。
sr-IMG_8449.jpg

到着時間もバッチリ予定通りですw
sr-IMG_8450.jpg


写真を撮りながらゆっくりと登ってきましたが、それでも入口からここまで30分くらいでした。
sr-IMG_8448.jpg

sr-IMG_8424.jpg

東屋の近くには、なにかのお社がありました。
sr-IMG_8455.jpg

こーゆうモノの前を通る時は、作法を知らなくても手を合わせておくとイイといいますね。


更には井戸の跡とかも。
sr-IMG_8453.jpg

sr-IMG_8458.jpg

今は完全に埋まってますね。



そして、元来た道と反対を進んで、最初の場所に戻ってきました。
sr-IMG_8460.jpg


ここから今度は○代田湖方面に向かってみます。
sr-IMG_8463.jpg

しばらくスイッチバックな感じの階段が続きます。
sr-IMG_8464.jpg

そして不意に岩がゴツゴツした場所に出て・・・
sr-IMG_8466.jpg


そこを過ぎるとこんな標識が。
sr-IMG_8467.jpg

もしかしたら、あのゴツゴツが湯○山の頂上なのかな?


よく分かりませんが(汗



そうするうちに時間も厳しくなってきたので、発見したベンチでお昼にすることにしました。
sr-IMG_8471.jpg



ここまで来るのにトータル50分くらいかかっていますが、やはり写真を撮りながらということもあり、普通に登るだけならもっと早いと思います。


東屋を経由しなければ更に早いでしょうね。



この日は、先日製作した風防のデビューですww
sr-IMG_8474.jpg

ちなみに、一番右端に写っている黒い筒は、ロックアイスの容器を流用したカトラリーケースなんですが、今回はソロなので、ここにセリアのターボライターを入れてきました。
sr-IMG_8476.jpg


そしてお湯を沸かしてカップラーメンを食べつつ・・・
sr-IMG_8475.jpg


最後はコーヒーをいただいて終了です。
sr-IMG_8477.jpg



いや~、ウマカッタww


外で食べるゴハンはやっぱり美味しいなぁww




お湯を沸かす時間(10分くらい)も含めて、この場でトータル40分くらい休憩した後、帰りは20分くらいでサクッと下山してきました。


つまり、往路50分・休憩40分・復路20分ですから、合計で約2時間弱のお手軽ハイキングとなりました。



ウチからするとビックリするくらい「近いのに遠いトコロ」のような雰囲気でしたね。



ちょうどこの山の南側には学校があったので、登ってくる途中にチャイムが聞こえてくる様子は、さも『ドラ○もん』に出てくる「学校の裏山」的な雰囲気はありましたがww



でも、東屋を経由せずに○代田湖方面まで出たとしても、ペース良く進めば1時間くらいで出られそうな雰囲気ではあります。



これからの季節は、あんまり寒くなるとイロイロ忙しくなる&環境が厳しいという事もあるので、しばらくはトレレポもできないとは思いますが、いずれ何かの機会には歩いてみたい気もします。



小学生くらいなら一緒に山歩きできるかもしれないので、自分的にコースが開拓できればイベント的な何かにしても良いかもw




・・・というコトで○村山レポでしたw
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する